パニック障害 漢方

パニック障害は漢方では“奔豚気病”と呼ばれています。

 

漢方では気・血・水の流れの停滞が原因となり、心身ともに様々な不調が現れると考えられていますが、

 

漢方薬は服用を続けていくことで体質を改善することができ、パニック障害を起こしやすいという体質を改善することでパニック障害を完治させることができます。

 

実際にパニック障害を漢方薬で完治させたという方もおられるようですね。

 

ただ漢方薬は自分に合ったからと言って他の人にも同じ漢方薬が合うというわけではなく、

 

パニック障害に有効だとされている漢方薬は何種類かありますが、自己判断で選ぶことは困難です。

 

パニック障害に効果的だと言われている漢方薬ならどれでも良いというものではなく、

 

漢方薬は自分の体質に合ったものを処方してもらわないと、服用をしばらく続けても症状が改善するどころか、副作用が引き起こされる場合もあるのです。

 

漢方薬は副作用がないと思われがちですが、漢方薬であっても激しい副作用が起こることはあります。

 

漢方薬は「虚症、実症」や「気、血、水」などから自分に合う漢方を処方してもらう必要があります。

 

パニック障害を漢方薬で治療する場合は、信頼のおける漢方医に相談されることをお勧めします。

 

自分の体質に合った漢方薬だと服用を続けることで、パニック障害を治すことは可能です。

 

ただ漢方薬には即効性はなく、数カ月間服用を続けることで次第に効き目を感じられるようになるということを理解しておく必要があります。

 

※パニック障害は予期不安や広場恐怖を生じやすく、非常に治りにくい病気だと言われていますが、比較的症状が軽い場合は治りやすいと言われていますが、

 

中度、重度の場合は簡単に完治するというものではなく時間をかけて克服していく必要があり、漢方薬では症状が改善されないというケースもあります。

 

薬物療法に加え、心理療法や認知行動療法も治療に取り入れていく必要があります。

 

パニック障害のみならず、自律神経失調症にも効果的だと言えます。

 

自律神経失調症 薬で詳しく紹介されていますよ。

続きを読む≫ 2014/05/17 16:59:17

パニック障害では、動悸、吐き気、呼吸が苦しい、息苦しい、心拍数の増加などの激しい症状に襲われますが、

 

どこか体の機能に異常があってこれらの症状が起こっているわけではなく、脳が誤作動して危機を感じてしまうことでパニック状態に陥ってしまうという病気です。

 

誰しも不安を感じたり緊張したりすると、ドキドキしたり心拍数が上がったりしますが、
パニック障害の場合は突然動悸、発汗、吐き気などの症状が起こりパニック状態を引き起こしてしまいます。

 

漢方医学では、パニック障害のことを「奔豚気病」と呼んでいます。

 

漢方医学では気、血、水の流れが滞ることで心身ともに様々な不調が起こると考えられており、

 

気、血、水の3つのバランスを整えることで、パニック障害の症状を改善することができると考えられています。

 

パニック障害に効果のある漢方薬はいくつかありますが、

 

有名なものでは半夏厚朴湯、奔豚湯、柴胡桂枝乾姜湯、苓桂朮甘湯、柴胡加竜骨ボレイ湯、香蘇散、苓桂甘棗湯、天王補心丹などがあります。

 

実際にパニック障害の治療に漢方薬を取り入れて治療をされている方もおられますが、服用を数カ月間続けていくことで次第に効果を実感できるようになると言われています。

 

漢方薬は服用を続けることで根本的に体質を改善することができますので、漢方薬でパニック障害が完治したという人もいるみたいですね。

 

ただパニック障害に使われる漢方薬はたくさん種類がありますので、全身状態に応じた自分に合ったものでなければ効果が得られないようです。

 

また漢方薬には即効性はなく、服用を開始したからといってすぐに効果が得られるというものではありません。

 

漢方薬の特徴として、じわりじわりと効果が出てきますので長期間に渡り服用する必要があります。

 

※自分の体質に合った漢方薬を根気よく服用し続けることで、パニック障害を起こしやすい体質を改善することができますし、次第に効果を感じられるようになってきます。

続きを読む≫ 2014/05/17 16:58:17

以前からパニック障害を患っていたが、妊娠中はパニック障害の症状が比較的軽くなったというケースもありますが、

 

妊娠中にパニック障害の症状が悪化してしまったというケースも少なくありませんし、妊娠をきっかけにパニック障害を発症したというケースもあります。

 

妊娠が発覚すると、SSRIや抗不安薬の服用は基本的に控えるように指導されることが多く、薬を中止することで症状が悪化してしまうこともありますし、

 

妊娠中はホルモンのバランスが不安定になるということも症状の悪化の原因に繋がるのです。

 

パニック障害を患っていなくても、妊娠中は精神的にも不安定になりがちです。

 

特につわりがひどく体調が優れないことでも不安定になったり、落ち込んだりしますし、体内の血液量が妊娠していない時と比べて急激に増えますので、動悸などの症状も感じやすくなるのです。

 

そして出産に対する不安感から悪化してしまうこともあります。

 

妊娠中は薬の影響を恐れ、薬を服用されないという方も多いですが、

 

実際に薬の種類によっては妊娠中は服用してはいけないとされているものもあります。

 

特に妊娠初期は胎児の中枢神経、心臓、消化器、手足などの重要な器官が形成される為、
注意が必要で薬の服用に関しては主治医に相談した上で、服用を続けるのか判断する必要があります。

 

妊娠中は比較的影響が少ないと主治医から許可された薬や漢方薬という選択肢になると思います。

 

漢方薬は直接赤ちゃんへの影響が少ないということもあり、妊娠中でもよく利用され、実際に妊娠中は漢方薬に切り替えたという人も多いです。

 

パニック障害の症状に効くと言われている漢方薬で、妊娠期間中でも服用が可能とされているものもあります。

 

しかし漢方薬には即効性はなくあまり効き目を感じられなかったという意見も少なくありません。

 

妊娠を計画されているのなら、主治医に相談した上で妊娠前から漢方薬に切り替えておくなどの対応も必要になってきます。

 

薬を使った治療に強く抵抗がある場合には、パニック障害の改善に効果的だと言われている食事療法、運動療法、呼吸法、アロマテラピーなどを取り入れてみるという選択肢もあります。

 

続きを読む≫ 2014/05/17 16:57:17

パニック障害の疑いがある場合は、精神科や心療内科を受診する必要がありますが、病院に行くことが抵抗があり、パニック障害に効く市販薬を探している方もおられるのではないでしょうか。

 

パニック障害の治療としてまず薬物療法があげられ、主にSSRIや抗不安薬を取り入れて治療を進めていきますが、これらの薬は市販で販売されておらずに、病院で処方される薬です。

 

しかし漢方薬でしたら市販で購入することは可能です。

 

漢方薬は穏やかに自律神経に働きかけるので、少しずつ体質を改善したい、根本的にパニック障害を起こしやすい体質を改善したいという人には向いているようです。

 

パニック障害に効果的だと言われている漢方薬をいくつか紹介します。

 

 

・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
不安、動悸、不眠、のぼせ、めまい、便秘などの症状がある方に向いています。

 

・柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
発汗、微熱、悪寒、身体の痛み、食欲不振、吐き気などの症状がある方に向いています。
・酸棗仁湯(さんそうにんとう)
神経を鎮める効果あり。

 

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
喉の詰まり、動悸、めまい、吐き気、食欲不振などの症状がある方に向いています。

 

・茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)
喉の詰まり、動悸、不安などの症状がある方に向いています。

 

これらの漢方薬を取り扱っている薬局なら手軽に購入することができます。

 

しかしパニック障害の症状と言いましても、体質によって症状の出方は様々なので、なかなか自分の体質に合った漢方薬を市販のものから選ぶことは難しいのです。

 

例えばパニック障害のよくある動悸の症状でみていきましょう。

 

動悸の症状の出方も様々で、常に動悸を感じている、何かある時だけ動悸を強く感じるなど様々なケースがあります。

 

常に動悸を感じてしまうという人は“心”のバランスが崩れていると考えられており、血を補ったり、熱を冷ます必要があると考えられています。

 

一方、電車に乗るとドキドキしてしまう、人混みに行くと急にドキドキしてしまうなど何かあると強く動悸を感じるという場合は、

 

胆と心が弱いと考えられており、胆と心のバランスをとり、胆の働きを高める必要があるのです。

 

パニック障害に効く漢方薬を市販で購入することは可能ですが、

 

漢方薬は証が合っていないと効果を感じられませんから、自分で選ぶのではなく、漢方薬を専門に取り扱っているところで処方してもらい購入する方がいいです。

 

また長く続ける場合は病院で処方してもらうほうが保険適応で安くつくので、漢方薬を扱っている病院で処方してもらう方が経済的にも助かります。

続きを読む≫ 2014/05/17 16:56:17

パニック障害の主な治療として薬物療法があげられますが、

 

脳に影響を与えるのではないか、一生薬を飲み続けるのではないか、薬に慣れてしまい薬がないと生活を送れなくなるのではないか、薬の副作用が怖いなどと、薬に対して抵抗感があるという方は少なくないようです。

 

パニック障害の薬物療法では主に抗うつ薬、抗不安薬を使うことでパニック症状が軽減されていくと考えられていますが、

 

抵抗感がありながら西洋薬を処方されたまま飲むのではなく、薬に対する不安があるのなら遠慮せずに主治医に相談された方がいいです。

 

薬に対する抵抗感がある場合は、漢方薬で治療を進めていくという選択肢もあります。

 

実際にパニック障害の治療に漢方薬を積極的に取り入れている心療内科もあるようです。
西洋薬はすぐに症状を抑えることができますが、あくまでも一時的に薬で症状を抑えているだけで体質を改善することはできません。

 

しかし漢方薬では体質を改善することができます。

 

漢方薬は穏やかに自律神経に働きかけるので、少しずつ体質を改善したい、根本的にパニック障害を起こしやすい体質を改善したいという人には向いているようです。

 

自分の体質に合っている漢方薬を服用することでパニック障害は治ると言われています。
ただし自分に合った漢方薬でないと、効果は期待できずにパニック障害を治すことは難しいようですね。

 

パニック障害に効くと言われている漢方薬は何種類かありますが、自分に合ったものでないと効き目は感じられませんので、漢方を処方してもらえる病院や、漢方医のいる病院で処方してもらって下さい。

 

ちなみに漢方薬が自分に合っているか判断するポイントとして、その漢方薬が抵抗なく飲めるかということです。

 

私も漢方薬を何種類か試したことがありますが、自分に合っていない漢方薬は非常に飲みにくく副作用が出てしまいました^^;

 

漢方薬は苦く飲みにくいというイメージがありますが、自分の証に合ったものだと苦みなどはあまり感じずに抵抗がなかったです。

 

漢方薬には即効性は期待できませんが、パニック障害を漢方薬で治すことも可能なので焦らずに続けてみて下さい。

続きを読む≫ 2014/05/17 16:55:17